診療科目

予防歯科

虫歯や歯周病などの病気の治療ではなく、「PMTC」「ブラッシング指導」「フッ素塗布」などにより、病気を未然に防ぐことを主な目的とした歯科治療です。ご自身の歯を健康な状態に保ち続けるためには、欠かせない治療の1つです。

京都市中京区・四条大宮駅近で歯の予防をお考えなら、ご相談ください。

虫歯治療

虫歯とは、お口の中の虫歯菌が糖質から作った酸により、歯が溶かされてしまう病気です。「虫歯にかかった部分を削る」「削った部分にレジン、金属などを充填する」などの治療を行います。虫歯は放っておいても治ることはありませんので、痛みがあった時には、すぐにご来院ください。

小児歯科

お子様に対して虫歯治療・予防などを行う歯科治療です。最近では小・中学生のお子様が歯肉炎にかかるケースも増えており、これは歯周病の第一歩ですので、「歯肉が赤く腫れている」「血が出ている」などの症状にお気づきなった時には、すぐに当院で治療を受けさせてあげるようにしてください。「こどもの歯は生え変わる」と言って放置される方も見られますが、乳歯の虫歯は永久歯に影響します。一生ご自身の歯で噛めるように、歯が生えてきたら定期的に健診におこしください。

歯周病治療

歯周病とは、歯と歯肉の間に溜まった歯垢(プラーク)内の歯周病菌に感染することで発生する感染症です。歯周病は一度かかると完治することのない病気ですので、定期的に歯科医院でメンテナンスを受け、症状の進行を抑えることが大切です。

歯を失う最大の原因である歯周病治療なら、京都市中京区・四条大宮駅近の当院へご来院ください。

根管治療

根管治療とは、根管(神経や血管が入っている細い管)内から病気によって汚染されてしまった神経や血管を除去し、洗浄・消毒することで歯の維持をはかる治療方法です。抜歯を回避することができるというだけでなく、周囲の歯への負担や、歯並びへの悪影響を軽減させることもできます。

親知らず・埋伏歯の抜歯

親知らずの正式名称は「第三大臼歯」と言い、大臼歯(大人の奥歯)の一番奥にあり、通常20歳ごろまでに萌出します。埋伏歯は骨、または粘膜の中に埋まったまま出てきていない歯のことで、骨の中に完全に埋まっているものを「完全埋伏歯」、一部分が出ているものを「不完全埋伏歯」「半埋伏歯」と言います。
これらは、生え方によっては適切なブラッシングが行えなくなることがあり、虫歯や歯周病の原因となることがあります。さらに痛みや腫れを起こしたり、隣の歯や歯並びに悪影響を与えたりする可能性もありますので、当院で早めに治療を受けられるようにしてください。

入れ歯・ブリッジ

入れ歯とは、歯を失った部分に人工の歯茎を含めた義歯をはめ込み、歯の機能性や審美性の改善をはかる治療方法です。入れ歯には大きく分けて2種類あり、すべての歯を失った時に使用するものを「総入れ歯」、1本でも歯が残っている状態で使用するものを「部分入れ歯」と言います。
ブリッジとは、歯を失った部分に人工歯をはめ込み、両隣の歯にブリッジをかけて固定することで、歯の機能性や審美性の改善をはかる治療方法です。

インプラント治療

インプラントとは、加齢や事故、虫歯の治療などにより失った歯の代わりに、人工の歯根を顎の骨に埋め込み、その上に人工歯を被せることで機能性や審美性の改善をはかる治療方法です。天然歯と同様に使用することができることから、「第二の永久歯」と呼ばれています。

ホワイトニング

ホワイトニングとは、加齢や喫煙などの生活習慣により歯に付着した汚れや着色を、専用の薬剤を使って内側から白くする治療方法です。歯科医院で歯科医師によって治療が行われる「オフィスホワイトニング」と、患者様ご自身がご自宅で治療を行う「ホームホワイトニング」の2種類があり、両方を並行して行うものを「デュアルホワイトニング」と言います。

セラミック治療

セラミック治療とは、加齢や事故、そして虫歯の治療などにより欠損した歯の部分に詰め物(インレー)を詰めたり、被せ物(クラウン)を被せたりすることで、歯の機能性や審美性の改善をはかる治療方法です。そのほか歯の表面をごくわずかだけ削り、そこにラミネートの板を張り付ける「ラミネートベニア」などの治療方法もあります。

噛み合わせ(シーラシステム)

シーラシステムとは、顔の中心を基準とする機能的かつ審美的な噛み合わせを作るシステムです。理想的な左右対称の噛み合わせを構築し、体の重心バランスを整えることでお顔の審美性を高めるとともに、「頭痛」「肩こり」「骨盤の歪み」などの発生を防止します。

京都市中京区・四条大宮駅近で噛み合わせ治療なら、当院までご相談ください。

スタッフブログ
院長ブログ
TEL:075-813-3388